女性ホルモン 髪 細い

髪が細い人限定!ハゲないための本物の改善策は1日5分でできる!

980円訴求バナー

女性ホルモンの影響で髪が細くなってしまうことってあるの?


女性ホルモンのバランスの影響で髪は細くなることはありえます。女性の場合は、思春期から女性ホルモンのエストロゲンが、髪を細くてしなやかな女性らしい髪の毛になるよう作用します。エストロゲンには髪を成長させる働きがあるので、思春期には薄毛とは関係ありません。

 

ところが、女性でも加齢により女性ホルモンのバランスが変わると、薄毛に悩むほど髪の毛が細くなることがあります。個人差はありますが、40代を過ぎるころからエストロゲンの量が減り、細くてしなやかだった髪がより細くコシの無い状態になりやすくなります。

 

また、エストロゲンが担っていたヘアサイクルの成長期が短くなり、反対に休止期が長くなることがあります。そうなってしまうと、抜け毛が目立つようになり、薄毛への悩みへと発展してしまいます。

 

男性の場合はどうなのか?

男性でも女性ホルモンとのバランスの影響で、髪が細くなることがあります。男性も女性ホルモンが分泌されています、量は女性の約半分とされています。

 

男性でも思春期までは両方のホルモンのバランスが取れており、髪が細くなってしまうことに悩まされることはありませんが、その後、働き盛りを迎える頃には男性ホルモンが優勢になってしまいます。男性ホルモンによりひげが濃くなり、体毛も増え、女性ホルモンの影響下の髪の毛は細くなりやすくなります。

 

髪を太くすることはできるのか?

元々ある個人の限度を越えることはできませんが、髪の毛を今の状態から太くすることは可能です。原因となる男性ホルモンを抑制するのが一番の対策といえます。それには、育毛剤を使うという手がありますが、副作用が心配という声もあります。そういった副作用の心配がほとんどない医薬部外品の育毛剤なら、ストレスなく続けられるかもしれません。

 

 

しかし、どんな対策でも、最低6ヶ月は続けてみることが必要です。それはヘアサイクルがあるからです。自分に合う対策を見つけ、きちんと対策をとることが大事ですね。

 

 

 

この記事に関連する記事一覧