髪 薄い 対策

髪が細い人限定!ハゲないための本物の改善策は1日5分でできる!

髪が細いのは血行不良が一因@血流を良くすることで賢く改善!


髪が細いことと血行不良は切っては切り離せない関係があります。頭皮の毛母細胞には新鮮な血液からの栄養が欠かせません。その血液が順調に行き渡らなかったらどうなるでしょうか?髪が細くなったりなど、順調に髪が育たなくなるのでは?と思いませんか?

 

では、どのようにしたらそのような最悪の事態が避けられるでしょうか?細い髪に悩む前に、まず、きちんと理由を知っておきましょう。

 

血流が悪くなってしまう原因って何?

頭皮の血行は、なぜ悪くなってしまうのでしょう?一つの要因にはストレスが考えられます、なぜならストレスは自律神経を乱してしまうのです。自律神経には「交感神経」と、「副交感神経」の二つがあり体の調整をしていますが、ストレスに耐えようと交感神経が優位になると、血管を収縮させてしまいます。

 

 

その働きにより、ストレス状態が長く続くと全身、とくに末端が血行不良になってしまいます。そのほかには動かないことによる筋肉不足や運動不足なども、考えられます。頭皮の血行が悪くなると、どうなってしまうのでしょうか。まず、頭皮が自分で触ってもわかるぐらい、固くなります。

 

そして地肌を見ると色が黄色くなっているのがわかります、健康な頭皮は青白いのですが、血行不良や乾燥していると、黄味が出てきます。こういう状態になったら、頭皮の状態はとても悪いといえます。十分に栄養が行き渡らないので、髪は細く、そして抜け毛が増えていきます。

 

 

固くなった頭皮には、どういう対策がいいのか?

まず自分でできることとして、仕事の合間に軽くストレッチなどを取り入れたり、肩こりには、温熱パットなどで温めてみるなどして、体の緊張が長く続かないよう、ほぐすことを心がけてください。やはり、運動は全身の血行を良くしますのでとても良いと思います。

 

そして、お風呂でシャンプーの時に自分で頭皮をマッサージするのは、とても良いことです。最近では、美容院などでヘッドスパなどもありますが、たまには癒しを求めて利用するのも良いと思います。そのほかには育毛剤があります。育毛剤には種類によっては副作用が心配なものもありますが、医薬部外品の作用の優しいものもあります。

 

医薬部外品ということで、医薬品のものと比べ効果は落ちるかもしれませんが、なにしろ安全に使うことができます。そういう手軽な育毛剤を取り入れてみるというのも良いかもしれません。頭皮のお手入れは男女関係なく、ストレスを抱える現代社会では必要なことです。後悔することのないよう、対策を練ることが大事ですね。

 

 

季節の変わり目に髪が抜けるというのは本当か調べました。


季節の変わり目にいつもより髪が抜けるという経験をしたことがありますか?体調面でも季節の変わり目というのは、風邪を引きやすかったりするものですが、抜け毛も起こりやすくなるのでしょうか?髪がいつもより多く抜けるということは、ヘアサイクルの乱れがおきているということです。ヘアサイクルの乱れは加齢やストレス、生活の乱れなどで起こります。

 

季節の変わり目は体調に変化をもたらしますので、頭皮環境も悪くなってしまいます。そういう理由で髪がいつもより多く抜けると思われます。

 

季節によって気をつけることって違うの?

四季のいずれにも変わり目がありますが、どの季節からの移り変わりが一番頭皮には酷な環境なのでしょうか?一番抜けやすいと言われているのが、夏から秋にかけての季節の変わり目です。夏にたっぷり紫外線を浴び、皮脂の分泌も活発な時期を過ごした後に秋を向かえ、涼しくなったことで暴飲暴食などをしてしまいがちで、頭皮の環境は悪くなりがちです。

 

そのほかにも、毛母細胞の入れ替わりというタイミングが秋に訪れます。これは自然界の動物などの、いわゆる夏毛から冬毛への生え変わりの時期ということに、人間の髪の毛も関係があるようです。

 

これは自然界の生き物として自然なことなので、避けようはありませんが、その大事な時期に生活習慣の乱れや、食生活の乱れ、また過度なヘアケアなどで頭皮に悪い環境を与えてしまっては、自然な抜け毛以上の抜け毛を招き、薄毛へと加速してしまうかもしれません。そういったことを防ぐためにも、きちんとした対策を考えてみましょう。

 

 

秋の抜け毛を最低限に抑えるために大事なことは?

外的要因として一番ダメージが大きいのは、やはり夏の強烈な紫外線と言えます。紫外線を夏にたっぷりと浴びることでダメージが蓄積されていくのです。そのダメージがある上に、皮脂の過度な分泌による毛穴の詰まりを招かないよう、夏の間のしっかりとした紫外線対策と、頭皮のケアをすることが大事です。

 

そのほかに、医薬部外品の育毛剤を試してみるというのも良いかもしれません。医薬部外品のものは、手軽に使えるメリットがあります。医薬品に比べると薬効が弱いのでは?と思われるかもしれませんが、その分副作用の心配もあまりしなくて良いので、気軽に手に取ることができますね。

 

しかし、ダメージがあまりにも蓄積されていると、育毛剤の効き方も弱くなることが考えられますので、夏の間は、しっかりと帽子などで頭皮を保護することをお忘れなく。