髪 薄い 対策

髪が細い人限定!ハゲないための本物の改善策は1日5分でできる!

髪が細くなってしまう原因は?細いと感じたら正しい対策を!


髪が細くなってしまう原因は、主にホルモンのバランスだと考えられています。思春期のころはフサフサで豊かだった髪も、働き盛りを迎えるころには細くなってしまうことは、もちろん個人差はありますが、めずらしいことではありません。

 

加齢により髪の毛が細くなり、コシが無くなるのは、男女ともに普通のことなのです。しかし、地肌が見えそうになるほど髪の毛が細くなってしまっているのは、やはり普通ではありません。それにはどんな原因があって、どんな対策がいいのでしょうか。

 

 

自分の生活を見直してみる。

自分のくせ、つまり生活習慣を見直してみましょう。食生活で言うと、

・どうしても脂っこいものを毎日食べてしまう。
・3食規則正しく食べていない。
・夜食にラーメンなど、油も塩分も過多なものを好んで食べてしまう。
・野菜嫌い
などがあります。

 

これらはみな、成人病予防でも避けた方が良い項目ですが、頭皮にもよくありません。頭皮は毛穴が多く油が出やすい部位になります。食事で油を取りすぎていると、頭皮の毛穴から皮脂が過剰に分泌し、毛穴を詰まらせてしまう原因になるのです。

 

このような状態の頭皮では、健康な髪は生えてきません。つまり、ヘアサイクルが乱れてしまうのです。それに、夜更かしをする、血行不良を起こすタバコが止められない、などもヘアサイクルを乱します。こういった男性が陥りがちな悪習慣を絶ち、頭皮のケアを心がけてみましょう。それだけで、状態が良くなる人もいるかもしれません。

 

 

いまは頭皮ケアのシャンプーなども色々と増えていますが、皮脂の詰まった毛穴のケアも忘れずにしましょう。シャンプーの際は予洗いを十分にし、シャンプーでマッサージするように丁寧に頭皮を洗いましょう、決して爪で傷つけてはいけません。そして大事なことは、必ずすすぎを完璧にすることです。

 

シャンプーやコンディショナーの薬剤が頭皮に残ることは、頭皮にとって非常に負担になります。最低でも5分は丁寧に頭皮をマッサージしながらすすぎましょう。

 

 

育毛剤はどうなの?

早めの対策として、医薬部外品の育毛剤を使うことはとても効果的といえます。医薬品の副作用が心配されるものよりは、効果は落ちるかもしれませんが、気軽に使用できるのが利点ですね。

 

どちらにしても、試したいものが決まったら、まずはヘアサイクルの関係上6ヶ月はそのまま使い続けてください。長い目で見て、使いやすいものを選ぶのがいいですね。

 

 

女性と男性で髪が抜ける原因の違いについてまとめました。


女性と男性で、髪が抜ける原因は違うのでしょうか?まず、女性の場合を考えてみましょう。

 

・加齢による女性ホルモンのバランスの変化
・ストレスによる自律神経の乱れ
・頭皮の皮脂による毛穴の詰まり
・ヘアケアのしすぎ、または合わないことによる頭皮の荒れ

 

などが考えられます。では、男性の髪が抜ける原因はどうでしょうか?

 

・男性ホルモンの影響が強い
・ストレスによる自律神経の乱れ
・頭皮の皮脂による毛穴の詰まり
・ヘアケアのしすぎ、または合わないことによる頭皮の荒れ
・遺伝的なもの

 

などがあります。髪が抜ける原因をあげてみると、男女ともに、ホルモンの影響の違いのほかは、ほぼ一緒のようです。

 

 

しかし、そのホルモンの影響はとても大きな違いです。その影響で、髪の抜け方にも違いがあるのです。男性は生え際や頭頂部から薄毛が進行し、完全に髪がなくなってしまうこともあります。しかし、女性は分け目などの頭頂部から全体にかけて髪が細くなり、全体的にまばらな印象になるという感じで、髪が完全になくなってしまうことはありません。

 

これは髪が女性ホルモンの作用で成り立っているからです。つまり、女性は男性より薄毛の問題を解決しやすいと言えます。

 

 

対処法には男女の違いがあるのでしょうか?

男女でホルモンの作用に違いはありますが、ストレスとヘアケアについては同じといえます。ストレスで緊張した体をほぐすため、ストレッチや適度な運動をしたり、お風呂タイムを上手に使いましょう。ヘアケアはしないのも、しすぎにも注意です。特に白髪染めをしすぎるのは頭皮によくありません。

 

そして、ホルモンのバランスの問題ですが、バランスを整えるには規則正しい生活習慣をこころがけましょう。その上で医薬部外品の育毛剤を使ってみるというのはどうでしょうか。医薬品では、副作用が心配だったり、大げさすぎて手を出しづらかったりしますが、医薬部外品なら気楽にストレスなく使えますね。

 

明るい前向きな気持ちで過ごすことは一番大切なことです。自分に合う育毛法を探してみてください。