髪 薄い 対策

髪が細い人限定!ハゲないための本物の改善策は1日5分でできる!

シャンプー・洗髪で髪が抜ける原因についてまとめました。


シャンプー時に髪が抜けることを気にしている方は多いかと思います。すすぎを終えて排水溝を見てびっくり!なんてことは、誰にでもあることですよね。では、どうしてシャンプーの時、髪が抜けるのでしょうか?

 

個人差はありますが、人は毎日100本程度髪が抜けるのです。しかし日中常に抜け続けているわけではなく、多くは、お風呂で毛穴が開いたときにシャンプーで頭を洗うと抜け落ちるのです。日に一度のシャンプーの場合は、40~70本ぐらいの髪が抜けると思われます。

 

この数字を見て、意外に多い?と思った方もいるのでは?しかし、頭髪の総数は平均で10万~12万本程度ということですから、100本程度の抜け毛はたいしたことはありません。

 

 

正しくシャンプーを使えていますか?

髪が抜けることを気にしてシャンプーを控えてはいけません。シャンプーの時に髪が抜けるのは自然なことです、そして頭皮の清潔を保ち、マッサージ効果を与えるという大事な役割があります。そのシャンプーの正しい使い方をおさらいしてみましょう。

 

1・シャンプー前にブラッシング
一日の汚れを浮かして髪のもつれをとき、シャンプー時の指どおりをなめらかにするためです。

 

2・予洗いをする
ブラッシングで浮かした汚れをお湯でしっかり流しましょう。ここでしっかりと汚れを流すことでシャンプーの泡立ちも変わります。

 

3・シャンプーは頭皮をしっかり洗う
頭皮は毛穴も多く皮脂の分泌が活発な場所です。きちんと皮脂を洗い流さないと、毛穴に皮脂が詰まり髪が細くなったりします。そしてシャンプーのマッサージ効果が頭皮の血行を良くし、毛母細胞に栄養が行き渡り健康が髪が生えてきます。

 

4・すすぎをしっかり行う
すすぎはシャンプーよりも長くするという気持ちでしてください。少なくとも5分はしっかり頭皮をしっかり洗いましょう。
シャンプーの薬剤が頭皮に残ると、刺激が強く頭皮の荒れの元になります。余計な抜け毛が増える原因になりますので、しっかり行うことが大事です。

 

5・きちんと地肌を乾かす

 

タオルドライの後、きちんと地肌をドライヤーで乾かしましょう。濡れたままで過ごしたり寝たりすると、雑菌が増え、頭皮環境が悪化します。上記のことをしっかりと守り、頭皮の健康を守りましょう。

 

 

それでも抜け毛が増えてきたら?

シャンプー時の抜け毛の数が200本を超えてきたら、それは正常ではありません。ヘアサイクルが乱れ、抜け毛が増えている状態と言えますので、根本的な対策が必要な時期だといえます。抜け毛が増えてきたなと思ったら、地肌が透けてくる前に医薬部外品の育毛剤を使ってみるのはいかがでしょうか?

 

医薬品だと副作用が心配ですが、医薬部外品ならその心配はほぼありません。手軽にストレスなく使えますね。大事な髪をしっかりと守りましょう。

 

 

1日に髪が抜ける平均量って?◯◯本より多いとかなり危険!


一日の髪が抜ける量をご存知でしょうか?もちろん個人差がありますが、だいたい50~100本と言われています。この個人差は、元々の髪の毛の量の違いにあります。平均して10万本ということですが、多い人で15万本少ない人で5万本といわれています。元々本数の多い人の抜け毛の量が多くなるということです。

 

 

髪にはヘアサイクルがあります。「休止期」が約3~4ヶ月「成長期」が約2~6年「退行期」が約2週間というサイクルになります。つまり、4~6年の間にすべての髪の毛が入れ替わることになります。

休止期に入る前に髪が抜けるのですが、その本数が200本を越えてくると正常とはいえなくなります。

 

危険な本数を越えてきてしまったらどうすればいいのか?

髪が抜ける本数が目に見えて増えてきてしまったといった場合、どのような対策があるでしょうか?

 

・生活習慣を整える

悪習慣による自律神経の乱れで抜け毛が増えている場合は、生活習慣を整えるだけであっさり改善される場合があります。夜更かしや、暴飲暴食をやめ、規則正しい生活をしましょう。

 

・ストレス

やはりストレスはよくありません、体が緊張し、自律神経を乱してしまいます。そうなると悪循環になりますので、なるべくストレスをうまく解消すべきです。

 

 

・喫煙

タバコは毛細血管を縮小させてしまい血行不良を起こします。頭皮の血行が悪くなる原因となりますので、抜け毛が多くなった人は禁煙をオススメいたします。

 

 

・シャンプーを正しく行う

洗う前にブラッシングをし、予洗いをきちんとして汚れをきちんと落としましょう。シャンプーの時にはマッサージをしながら頭皮の血行を促しましょう。きちんとすすぎをし、薬剤が頭皮に残って刺激を与えないようにしましょう。

 

 

 

以上のことをしてもまだ改善の兆候がない場合は、地肌が透けてしまう前に、医薬部外品の育毛剤などを使い、ストレスを無くすこともオススメです。医薬品と違い、副作用の心配がほぼない医薬部外品は、気軽に選び試すことができます。

 

その際にはヘアサイクルの関係上、6ヶ月は同じ育毛剤を使用し、様子を見ることが必要です。短期間にあれこれと変えてしまうことは意味がありませんので、注意してくださいね。