髪 薄い 対策

髪が細い人限定!ハゲないための本物の改善策は1日5分でできる!

シャンプー・洗髪で髪が抜ける原因についてまとめました。


シャンプー時に髪が抜けることを気にしている方は多いかと思います。すすぎを終えて排水溝を見てびっくり!なんてことは、誰にでもあることですよね。では、どうしてシャンプーの時、髪が抜けるのでしょうか?

 

個人差はありますが、人は毎日100本程度髪が抜けるのです。しかし日中常に抜け続けているわけではなく、多くは、お風呂で毛穴が開いたときにシャンプーで頭を洗うと抜け落ちるのです。日に一度のシャンプーの場合は、40~70本ぐらいの髪が抜けると思われます。

 

この数字を見て、意外に多い?と思った方もいるのでは?しかし、頭髪の総数は平均で10万~12万本程度ということですから、100本程度の抜け毛はたいしたことはありません。

 

 

正しくシャンプーを使えていますか?

髪が抜けることを気にしてシャンプーを控えてはいけません。シャンプーの時に髪が抜けるのは自然なことです、そして頭皮の清潔を保ち、マッサージ効果を与えるという大事な役割があります。そのシャンプーの正しい使い方をおさらいしてみましょう。

 

1・シャンプー前にブラッシング
一日の汚れを浮かして髪のもつれをとき、シャンプー時の指どおりをなめらかにするためです。

 

2・予洗いをする
ブラッシングで浮かした汚れをお湯でしっかり流しましょう。ここでしっかりと汚れを流すことでシャンプーの泡立ちも変わります。

 

3・シャンプーは頭皮をしっかり洗う
頭皮は毛穴も多く皮脂の分泌が活発な場所です。きちんと皮脂を洗い流さないと、毛穴に皮脂が詰まり髪が細くなったりします。そしてシャンプーのマッサージ効果が頭皮の血行を良くし、毛母細胞に栄養が行き渡り健康が髪が生えてきます。

 

4・すすぎをしっかり行う
すすぎはシャンプーよりも長くするという気持ちでしてください。少なくとも5分はしっかり頭皮をしっかり洗いましょう。
シャンプーの薬剤が頭皮に残ると、刺激が強く頭皮の荒れの元になります。余計な抜け毛が増える原因になりますので、しっかり行うことが大事です。

 

5・きちんと地肌を乾かす

 

タオルドライの後、きちんと地肌をドライヤーで乾かしましょう。濡れたままで過ごしたり寝たりすると、雑菌が増え、頭皮環境が悪化します。上記のことをしっかりと守り、頭皮の健康を守りましょう。

 

 

それでも抜け毛が増えてきたら?

シャンプー時の抜け毛の数が200本を超えてきたら、それは正常ではありません。ヘアサイクルが乱れ、抜け毛が増えている状態と言えますので、根本的な対策が必要な時期だといえます。抜け毛が増えてきたなと思ったら、地肌が透けてくる前に医薬部外品の育毛剤を使ってみるのはいかがでしょうか?

 

医薬品だと副作用が心配ですが、医薬部外品ならその心配はほぼありません。手軽にストレスなく使えますね。大事な髪をしっかりと守りましょう。

 

 

若い女性でも大量に髪が抜ける症状が近年増えています。


女性でも加齢により髪が抜けるのはめずらしいことではありません。男性と一緒で、やはりホルモンバランスの問題が大きいのですが、最近は若い女性でも髪が抜ける症状に悩んでいる人がいます。

 

若い女性なのに、何が原因なのでしょうか?それは意外にも若い女性ならではの理由が隠れています。

 

・極端なダイエット
・夜更かし
・過度なヘアケアや髪染め
・喫煙
・ストレス
・ピルの使用

 

などです。これには、耳が痛い人も多いのではないでしょうか?若い女性ならではの理由、ダイエットや夜更かしなどもありますが、とにかくすべてにおいて不摂生が原因と言えます。綺麗でありたいと願って極端なダイエットに走ったり、髪染めをしすぎたりしていても、そのダメージの蓄積で大事な髪が抜けるようでは本末転倒です。

 

豊かな髪の毛が女性の魅力の一つなのですから、やはり大事にしなければいけません。

 

 

女性でもはげてしまうことってあるのでしょうか?

女性は女性ホルモンの影響が強いので、頭髪が禿げ上がってつるつるになってしまうことはありませんが、加齢や夜更かしをするなどの悪循環でホルモンバランスが崩れると、分け目やつむじが目立つ「びまん性脱毛症」になりやすくなります。

 

「びまん性脱毛症」は、全体的に髪の毛が細くなり、量も少なくなることから、全体的にスカスカな印象を与えてしまう脱毛症です。とくにわかりやすいのが分け目とつむじになります。上から見るとわかりやすいので、本人よりも家族が先に気づくことも多いかもしれません。

 

こうなってくると、髪が細くなりハリがないので、セットもしにくくなりますし、与える印象が変わってしまいます。

 

 

大事な髪の毛を守るには、どんな対策が良いのでしょう?

若い女性にとって大事な髪の毛はどのように守ればいいのでしょうか?

・夜更かしなどせず、生活習慣を整える
・血行不良を招くタバコをやめる
・暴飲暴食をつつしみ、野菜を多めに健康的な食生活を
・ヘアアイロンなどで引っ張りすぎたりなどの、ヘアケアのやりすぎを控える
・毛染めの頻度を抑える
・正しいシャンプーのつかい方を覚える

などがあります。その上で、医薬部外品の育毛剤を試してみるのはいかがでしょう?若い女性でも、医薬部外品のものなら手に取りやすくていいですね。髪の毛が薄いと自分に自信がなくなったり、ネガティブになったりしますね。そんなことに悩む前に、きちんと自分を見つめなおしましょう。

 

 

 

季節の変わり目に髪が抜けるというのは本当か調べました。


季節の変わり目にいつもより髪が抜けるという経験をしたことがありますか?体調面でも季節の変わり目というのは、風邪を引きやすかったりするものですが、抜け毛も起こりやすくなるのでしょうか?髪がいつもより多く抜けるということは、ヘアサイクルの乱れがおきているということです。ヘアサイクルの乱れは加齢やストレス、生活の乱れなどで起こります。

 

季節の変わり目は体調に変化をもたらしますので、頭皮環境も悪くなってしまいます。そういう理由で髪がいつもより多く抜けると思われます。

 

季節によって気をつけることって違うの?

四季のいずれにも変わり目がありますが、どの季節からの移り変わりが一番頭皮には酷な環境なのでしょうか?一番抜けやすいと言われているのが、夏から秋にかけての季節の変わり目です。夏にたっぷり紫外線を浴び、皮脂の分泌も活発な時期を過ごした後に秋を向かえ、涼しくなったことで暴飲暴食などをしてしまいがちで、頭皮の環境は悪くなりがちです。

 

そのほかにも、毛母細胞の入れ替わりというタイミングが秋に訪れます。これは自然界の動物などの、いわゆる夏毛から冬毛への生え変わりの時期ということに、人間の髪の毛も関係があるようです。

 

これは自然界の生き物として自然なことなので、避けようはありませんが、その大事な時期に生活習慣の乱れや、食生活の乱れ、また過度なヘアケアなどで頭皮に悪い環境を与えてしまっては、自然な抜け毛以上の抜け毛を招き、薄毛へと加速してしまうかもしれません。そういったことを防ぐためにも、きちんとした対策を考えてみましょう。

 

 

秋の抜け毛を最低限に抑えるために大事なことは?

外的要因として一番ダメージが大きいのは、やはり夏の強烈な紫外線と言えます。紫外線を夏にたっぷりと浴びることでダメージが蓄積されていくのです。そのダメージがある上に、皮脂の過度な分泌による毛穴の詰まりを招かないよう、夏の間のしっかりとした紫外線対策と、頭皮のケアをすることが大事です。

 

そのほかに、医薬部外品の育毛剤を試してみるというのも良いかもしれません。医薬部外品のものは、手軽に使えるメリットがあります。医薬品に比べると薬効が弱いのでは?と思われるかもしれませんが、その分副作用の心配もあまりしなくて良いので、気軽に手に取ることができますね。

 

しかし、ダメージがあまりにも蓄積されていると、育毛剤の効き方も弱くなることが考えられますので、夏の間は、しっかりと帽子などで頭皮を保護することをお忘れなく。

 

 

女性と男性で髪が抜ける原因の違いについてまとめました。


女性と男性で、髪が抜ける原因は違うのでしょうか?まず、女性の場合を考えてみましょう。

 

・加齢による女性ホルモンのバランスの変化
・ストレスによる自律神経の乱れ
・頭皮の皮脂による毛穴の詰まり
・ヘアケアのしすぎ、または合わないことによる頭皮の荒れ

 

などが考えられます。では、男性の髪が抜ける原因はどうでしょうか?

 

・男性ホルモンの影響が強い
・ストレスによる自律神経の乱れ
・頭皮の皮脂による毛穴の詰まり
・ヘアケアのしすぎ、または合わないことによる頭皮の荒れ
・遺伝的なもの

 

などがあります。髪が抜ける原因をあげてみると、男女ともに、ホルモンの影響の違いのほかは、ほぼ一緒のようです。

 

 

しかし、そのホルモンの影響はとても大きな違いです。その影響で、髪の抜け方にも違いがあるのです。男性は生え際や頭頂部から薄毛が進行し、完全に髪がなくなってしまうこともあります。しかし、女性は分け目などの頭頂部から全体にかけて髪が細くなり、全体的にまばらな印象になるという感じで、髪が完全になくなってしまうことはありません。

 

これは髪が女性ホルモンの作用で成り立っているからです。つまり、女性は男性より薄毛の問題を解決しやすいと言えます。

 

 

対処法には男女の違いがあるのでしょうか?

男女でホルモンの作用に違いはありますが、ストレスとヘアケアについては同じといえます。ストレスで緊張した体をほぐすため、ストレッチや適度な運動をしたり、お風呂タイムを上手に使いましょう。ヘアケアはしないのも、しすぎにも注意です。特に白髪染めをしすぎるのは頭皮によくありません。

 

そして、ホルモンのバランスの問題ですが、バランスを整えるには規則正しい生活習慣をこころがけましょう。その上で医薬部外品の育毛剤を使ってみるというのはどうでしょうか。医薬品では、副作用が心配だったり、大げさすぎて手を出しづらかったりしますが、医薬部外品なら気楽にストレスなく使えますね。

 

明るい前向きな気持ちで過ごすことは一番大切なことです。自分に合う育毛法を探してみてください。